cut in two

徒労感が募る仕事の仕方をしていませんか?

time 2016/09/30

徒労感が募る仕事の仕方をしていませんか?

はい。私のことです。

やってもやっても徒労に終わる。または、徒労に終わる気がして、なかなか取り掛かれない。迷っているうちに時間ばかりが経って、あれ?今日何したっけ?なんてこともよくある話。

たまになら気にするほどでもないですが、慢性的にこういう徒労感が募る仕事の仕方をしていると、改善すべきですね。

はい。私のことです。

 

sponsored link

徒労感とは何か?

まず、徒労感とは何か?ということですが、要するに無駄骨。苦労してやったことが報われないこと。です。どんな仕事も何かしら役には立っている!という意見もありますが、やはり目に見える成果が欲しいと思うのは、仕方のないことかなぁと思います。

例えばなんですが、このブログの記事もそうです。

書いたとしても、誰にも読まれないかもしれません。要するにアクセスが来ないかもしれない…。実際にアクセスが1つでもあれば、まだやった甲斐がありますが、まったく無い場合、心が折れます…

 

なぜ取り掛かれないのか?

徒労に終わってしまった場合でも、なぜそれが徒労感が募るようなものだったのかを考えて、次に活かすことはできます。

一番の問題は、徒労に終わるのではないか?という思いから、なかなか一歩を踏み出せないこと。

自分が経験したことというのは強烈で、以前徒労に終わったという経験があると、また失敗するのでは?と防衛本能が働いて、前に進みだすのが怖くなってしまいます。

でも、何かしらやらなきゃいけないことは確実で、でも失敗するかも…と思うと動けなくなり…袋小路。

 

そんなときは…?

さて、そんなときにどうするか?

徒労に終わるかも…?と思っている自分の本質を見つめるのが一番いいのかもな?と思います。つまり、徒労に終わることをやりたくない!と思っている自分は、無駄なことをしたくない合理的な人間です。

そこからもっと掘り下げると、見えてくるのは完璧主義。

徒労に終わってしまう、自分の失敗を許容できないから、動けなくなるんでしょう。だから本当、完璧主義は、自分を追いつめるだけなんですね…

不細工でもいいから一歩を踏み出して、不細工な成果を綺麗な成果に仕上げていくべきです。

まぁ、それが難しいと言えば、難しいのですが…

 

sponsored link

down

コメントする




管理人

星野マコ

星野マコ

いろんな悩みを抱えること10年以上。サンドバッグのように打たれ続けても、フラフラで立ち上がってきました。悩みを一刀両断まっぷたつ!誰かの生きるヒントになれば嬉しいです。 [詳細]

最近のコメント

コンタクト



sponsored link