cut in two

自分を責める癖がある鬱症状をふっとばす

time 2016/09/24

自分を責める癖がある鬱症状をふっとばす

うぐ…

頭の中で自分を責める声でいっぱいになるときがある。冷静なときは、あぁまた言ってんなぁで対処できるんだけど、冷静になれないときはムリ。

これはもう癖なので、なかなか治らない。

どうにかしてふっとばす方法を考えました。

 

sponsored link

自分を責める癖の何がダメなのか?

別に自分を責めたっていいわけで、それによって奮起することもある。何やってんだ、ダメだろしっかりしろ!

でも、これが慢性的な癖になっていると、一事が万事、1日中、年中、この声に苛まれることになる。

これは自分の声でもあるし、誰か他者の声が聞こえる場合もある。

そんな症状で悩んでいる方はいませんか?

 

否定するから辛くなる

おそらく。この自分を責める声に対抗したり、それを否定するから辛くなる。

どういうわけか、否定的な声を否定する二重否定のような状態になってしまうことがある。

これはとてもつらい。

ダメだろ!って言われているのを、そんなこと言うなよって、言ってる。でも自分を責める声がやまない。

 

どうするか

さて、とにかくこの声をやり過ごせればいいわけだけど、なかなかどうしてそれが難しい。

これを客観的に見れれば一番いい。

あぁまた言ってるよ。という心境になれればいい。責める言葉自体はただの言葉だから、その言葉に反応する自分をやめればいいわけですね。

そうなると、自分を責める声から距離を置くのが一番いいということになります。

一番いいのは、頭に浮かぶ言葉をひたすら書き綴って、あとから見返すこと。これは結構効果がある。客観的に自分の頭の中が見れて、

これだけ否定的な言葉でいっぱいなら、そら鬱になるわ…

と思える。

もしくは、声に出す。自宅で声が出せる環境なら、思いついたまま独り言を言う。無理なら、誰かに話す。それも無理なら、誰もいないところにいって、声に出す。

叫ぶ必要はない。

 

吐き出すのが大事

つまり、吐き出すのが大事ということ。大体、何かを吐き出すと人間はすっきりする生き物のようなので、嫌な言葉でいっぱいになってるなら、その嫌な言葉を吐き出せばすっきりするはず。

なので、自分を責める癖がある人は、それをまた責めるのではなくて、とにかく吐き出す。

話はそれからだ…。

 

sponsored link

down

コメントする




管理人

星野マコ

星野マコ

いろんな悩みを抱えること10年以上。サンドバッグのように打たれ続けても、フラフラで立ち上がってきました。悩みを一刀両断まっぷたつ!誰かの生きるヒントになれば嬉しいです。 [詳細]

最近のコメント

コンタクト



sponsored link