cut in two

暗い人生だと思えば思うほど暗くなる

time 2016/10/12

自分の人生を、暗い人生だなと思ってしまうことがあります。ひどいときは、どんどん自分を追いつめて、毎日が正に灰色、いや、真っ黒になってしまって、どんどん暗くなってしまう…。

そんな暗い人生を抜け出すには…?

 

sponsored link

暗い人生は自分が作っている

その人が暗い人生を送っているかどうかなんて、はた目からは分かりません。

そもそも暗い人生って何でしょうか?

上手く説明できない代物です。例えば、お金が無いというのは暗い人生?何か事件に巻き込まれてトラウマを抱えていたら暗い人生?

なかなかこれが暗い人生と、決められるものではありません。

すごく、曖昧な概念です。

 

暗い人生は比較から生まれる

でも、何か自分は暗い人生を送っていると思うのなら、その暗い人生は、ほぼ間違いなく、人との比較から生まれています。

人と比較したとき、自分の方が明らかに暗い、劣っている、低い…と感じる時、人生が暗いと思うのではないでしょうか?

私も気持ちの浮き沈みが激しい人間で、「暗い人生だ…」と思って辛くなるときは、間違いなく誰かと比較しています。

それを止めるのは、なかなか難しいことです。

 

比較を止められないのなら…

比較自体は止められないと思います。だから、比較している自分に気づくことがまず大切で、比較のスパイラルを未然に防ぐことです。

あ、今比較して辛くなってるんだな…?と気づけるようになったら、しめたものです。

あと、比較スパイラルに入って、俺の人生は何て暗いんだ…って思ってるときは、たいてい時間があるとき。暇で余裕があるからそう思うんです。

だから何かに没頭するのが一番いい。

 

もし、明るい人生を歩きたいのなら…

何かに打ち込むことが一番の近道かなと思います。

自分がバカにしているような、こんなことやっても意味ないだろ(笑)みたいに思ってることほど、自分が欲しかったり、憧れてたりするものなので、それをやると変わります。

皆でワイワイ飲み会?バカじゃないの?

と思っていることほど、自分が本当の本当は求めていることだったりします。

飲み会に打ち込むっていうのも変ですが、積極的に参加してみることが、打ち込むこと、取り組むことになるかと思います。

とはいうものの、いきなり何の心構えも無く取り組み始めると、かなり辛いと思います。皆でワイワイやることにものすごい抵抗があって、何の考えも無しにいきなりそういう場に行っても、楽しめないことの方が多いでしょう。

もちろん、場数を踏めば変わります。ただ、その前に嫌になってしまう可能性があるので、そのあたりのコツを、次回は書いてみようかと思います。

⇒没頭するコツ。取り組むコツ。

sponsored link

down

コメントする






sponsored link