cut in two

まじかぁ…「こち亀」連載終了のお知らせで、ほんのり寂しい。

time 2016/09/03

まじかぁ…「こち亀」連載終了のお知らせで、ほんのり寂しい。

今しがた「こち亀」が終了するというニュースを見ました。うぅ…。200巻が2016年9月に発売で、作者の秋本さんも一区切り、おめでたいところでの終了を決意されたようです。

うーん。やっぱり寂しいですね。
[ad#smart]
 

sponsored link

いつもそこにある「こち亀」

私の実家には「こち亀」の97巻、あれ、98巻…?…まぁそのあたりのコミックスだけなぜ置いてあって、実家に帰ったらたまに読んでました。当然、毎回同じ内容なんですが、毎回面白いなぁと思いながら読んでました。

両さんの破天荒ぶりは言うまでもないですが、たまに出てくる名言が心に染みたりします。

「マイナスとマイナスをかけるとプラスになるんだなこれが!」っていうのが好きです。

 

両さんだからこそ

そういう名言の数々は、両さんが言うから染みるんですよね。さっきの台詞も、単なるおじさんの説教だとまったく届きませんが、両津勘吉という人が言うと違います。たかが漫画と侮るなかれ。200巻、連載40年!のパワーはやはり偉大です。

個人的に好きなのは、両さんが拡声器を持って、誰かの愚痴を代わりに叫ぶ仕事の話。なんか嫌なことがあったとき、この両さんの姿を頭に浮かべて、発散させたりしてます(笑)いやぁ胸がスカッとするなぁ!

これもまた、両さんというキャラクターだからこそ。

最近の連載は、ジャンプが置いてある店でたまーに読む程度でしたが、いつも変わらずそこにいる両さんには元気をもらいました。
[ad#smart]
 

秋本治先生という人

情熱大陸で作者の秋本治先生の回があったんですが、仕事場の雰囲気がなんというか整っていて、アスリートのように感じました。長期連載するというのは、もはや一つのスポーツなのかも?なんて。

イチローみたいに自分をコントロールできるというのが、長く続ける秘訣なのかな?

連載が終わっても、ジャンプにはたまに顔を出すらしく、新連載の構想もあるとか!

これからも楽しみにしています。

ひとまず、お疲れさまでした。

sponsored link

down

コメントする




管理人

星野マコ

星野マコ

いろんな悩みを抱えること10年以上。サンドバッグのように打たれ続けても、フラフラで立ち上がってきました。悩みを一刀両断まっぷたつ!誰かの生きるヒントになれば嬉しいです。 [詳細]

最近のコメント

コンタクト



sponsored link