cut in two

FNS歌謡祭2016西城秀樹さんのヤングマン感動カンゲキしました!

time 2016/12/07

2016年12月7日のFNS歌謡祭をなんとなーく観てましたら、西城秀樹さんが「ヤングマン」を披露!

VTRですが、これがもう、感動、いや、カンゲキしました!

 

sponsored link

FNS歌謡祭で見た脳梗塞のヒデキ

実は私、西城秀樹さんが脳梗塞だったということを初めて知りました。西城秀樹さん、ヒデキと言えば、「ヤングマン」や「ギャランドゥ」を歌っている、若々しいイメージ。

FNS歌謡祭のVTRでは、足をひきずっている姿が…。表情にもマヒが見えて、「ヤングマン」を歌うらしいけど、この状態で歌えるのかな?と、大きなお世話ですが思ってしまいました。

 

ヤングマン復活

リハビリのシーンは相当辛そうで、見ているのもキツかった…。どうしてそこまで?と思ったんですが、西城さんはファンの待つステージのために、辛いリハビリを耐えていた。

でも、コンサート直前も、スタッフの方に手を取られて歩いていて、あぁどうなるんだろう?と、思っていたんですが、そんな心配は無用でしたね。

テレビの向こうには、往年のスター・西城秀樹の姿が!

 

歳をっても

会場は「ヤングマン」で完全に一体となっていて、時代を超えても繋がっている、西城秀樹さんとファンの方々に、ただただカンゲキ!

私は現在30代ですが、歳をとりたくないなぁという思いがちょっとあります(いや、すごくか)。そんなにもう若くもないですが、どこか体が弱ったり、大きな病気をしないか心配になることも多いです。

それが、西城秀樹さんとファンの方を見て、ちょっと認識が変わりました。

歳をとっても(失礼な言い方ですみません)、あんなに楽しく踊れて、感動できて、ファンのためにがんばる西城さんがいて、それをあたたかく迎えるファンの方の姿を見ていたら、歳をとるのも、別に怖いことじゃないなぁと思ったんです。

私が好きなアーティストが、何十年後かの未来に、西城さんのように勇気や元気をくれるのかもしれない。そう考えると、むしろ楽しみだな…と。

スターとともに、好きなアーティストとともに、一緒に歳をとっていこう。

何気なく見てたFNS歌謡祭で、そんなことを感じました。そして、ここに出演している方々の向こうには、たくさんのファンとの繋がりがあるんだなぁ…と、なんだかホロリとした冬の夜でございました。

ま、独り身なので、一番大事な繋がりがまだ無いんですが!

sponsored link

down

コメントする




管理人

星野マコ

星野マコ

いろんな悩みを抱えること10年以上。サンドバッグのように打たれ続けても、フラフラで立ち上がってきました。悩みを一刀両断まっぷたつ!誰かの生きるヒントになれば嬉しいです。 [詳細]

最近のコメント

コンタクト



sponsored link