cut in two

「あの花」「ここさけ」聖地巡礼は、ちちぶ映画祭2016のW上映がお得だよプラン。

time 2016/09/03

「あの花」「ここさけ」聖地巡礼は、ちちぶ映画祭2016のW上映がお得だよプラン。

いまだ人気の根強いTVアニメ「あの日見た花の名前を僕たちはまだ知らない。」

そして、同スタッフ制作の「心が叫びたがってるんだ。」

どちらもアニメファンのみならず、映画好きな方からも評価の高い作品です。ドラマの舞台はどちらも「秩父」がモデルになっており、秩父はもはやアニメファンからは聖地として認識されています。

私も何回か行きましたが、お土産屋さんにもグッズが売っていたりして、街をあげて押し出している作品です。

この2作を、無料で、しかも聖地秩父で見れるイベントが、2016年9月18日(日)~19日(月・祝)に開催されます。

sponsored link

あの日見たイベントの名前は…?

そのイベントとは、西武鉄道主催の「ちちぶ映画祭2016」です。2016年で4回目を迎えるので、割と新しいイベントですね。

西武線の駅にはポスターがバンバン貼られているので、西武線ユーザーは目にしてるかもしれません。

この「ちちぶ映画祭2016」は、その名の通り、映画を鑑賞できるイベント。場所は西武秩父駅から徒歩3分とアクセス良好の「秩父市歴史文化伝承館」です。

 

特徴と見どころ

何と言っても入場無料!なのが嬉しいところ。上映作品は「あの花」「ここさけ」以外では、樹木希林主演の「あん」や「男はつらいよ」等、なかなか渋いラインナップです。

個人的には是枝監督の「海よりもまだ深く」も気になる…つい最近劇場でやっていたのに、無料上映なんて大盤振る舞いですね。

「あの花」「ここさけ」聖地巡礼おすすめプラン

さて、2日間の上映で会場は2会場あり、それぞれ整理券が必要だったりフリーだったりします。

と言っても、何かややこしいですよね?

ここで、「あの花」「ここさけ」の映画をタダで見つつ、聖地巡礼もしてしまえるプランをご提案します。

まず、開催期間の2日間のうち、「あの花」「ここさけ」が2つとも上映されるのは、19日(月・祝)です。

そして「ここさけ」の方は座席指定券が必要です。座席指定券は当日の9:30より先着配布なので、券が無くなると見れません…。

というわけで…

聖地巡礼&W映画鑑賞プラン 2016年9月19日(月・祝)

  • 9:00 「西武秩父駅」着
  • 9:30 「秩父市歴史文化伝承館」 2階ロビーにて座席指定券をもらう
  • 10:00 「秩父観光総合案内所」で聖地巡礼マップをもらう

⇒聖地巡礼へGO!(案内所でレンタサイクル借りてもいいかも)

  • 15:20 「あの花」上映(秩父市歴史文化伝承館 1階 「映画祭コート」にて ※指定券不要のフリースペース上映)
  • 17:30 「ここさけ」上映(秩父市歴史文化伝承館 2階 ホールにて)

こんなプランはいかがでしょう?最初に指定券を確保しておき、いざ!聖地巡礼!するプランです。

巡礼後に2つの映画を見れば、今しがた行ってきたばかりの場所がスクリーンに映し出され、面白さ倍増、間違い無し!です。

2作品同時に見れちゃう、贅沢な聖地巡礼をお楽しみあれ~!

(ちなみに9:00に西武秩父に着くには「7:30 池袋⇒8;52 西武秩父」の特急ちちぶ5号か、鈍行だと7:05池袋発に乗る必要がありますので、ちょっと朝早いかな…)

最後に「秩父市歴史文化伝承館」と「秩父観光総合案内所」の地図を乗っけときます。上映場所の「秩父市歴史文化伝承館」と中央公民館・勤労青少年ホームは同建物です。

公式サイトはこちら⇒ちちぶ映画祭2016

sponsored link

down

コメントする




管理人

星野マコ

星野マコ

いろんな悩みを抱えること10年以上。サンドバッグのように打たれ続けても、フラフラで立ち上がってきました。悩みを一刀両断まっぷたつ!誰かの生きるヒントになれば嬉しいです。 [詳細]

最近のコメント

コンタクト



sponsored link